Differences between revisions 1 and 48 (spanning 47 versions)
Revision 1 as of 2012-06-06 15:08:33
Size: 1636
Comment:
Revision 48 as of 2014-05-29 15:56:51
Size: 3053
Comment:
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 1: Line 1:
'''2012年5月09日(金)第三回detcharミーティング'''
 * aLIGO detchar報告(苔山)
 * 環境モニターの現状について (新谷)
 * detcharチャンネルリストのアップデート(我妻)
 * Virgo detchar 論文レビュー (端山)
 * ...
= Detector Characterization =
このwikiはKAGRA detector characterizationのテレコンや会議、アジェンダ、議事録、スタディなどの情報を集めたポータルサイトです。
== Meeting ==
 * 毎週火曜日10:00am~11:00amに!SeeVoghを用いてwebミーティングをしています。
  * [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/Meet|Telecons and Meetings]]
 * 隔週火曜日11:30am~12:00amに!SeeVoghを用いて韓国GWグループと共同研究ミーティングをしています。
  * [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/MCA/Meet|Telecons and Meetings]]
  * [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/MCA|Japan-Korea detchar project page]]
Line 8: Line 10:
----
'''2012年2月24日(金)第二回detcharミーティング'''
== 開発ブログ ==
 * [[http://gwclio.icrr.u-tokyo.ac.jp/lcgtsubgroup/detectorcharacterization/|ブログ]]:ブログでは開発したdetchar/解析ツールのソースコードや使い方の説明が逐一投稿される。また、現在メンバーがつまづいている問題を共有し解決策を募る用途にも利用される。
Line 11: Line 13:
 * アナウンス
  * メーリングリストへの追加希望
  * Virgo detchar論文について
  * Engineering Run1 の簡単な報告
  * その他?
 * 干渉計診断について(宗宮)
 * LIGO detchar structure(苔山)
 * 環境モニターの選定状況について(新谷)
 * detcharシステム構築 進捗状況(端山)
 * 次回detcharミーティング
== KasKAL ==
 * [[https://github.com/gw-analysis/detector-characterization|KasKAL]]:Detector characterizationを行うために開発しているソフトウェアライブラリ。関数型言語HaskellとC言語を中心にして書かれている。
Line 22: Line 16:
[[attachment:LCGT/iLCGT/Subgroup/DetChar/detchar_minutes-2-2.txt|議事録]] == Topics ==
 * [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/violin|バイオリンモード]]
 * [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/nongauss|非ガウス雑音]]
 * [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/correlation|チャンネル間相関解析]]
 * [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/MaltichannelAnalysis|多チャンネル解析]]
 * [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/globaldetchar|Global Detector Characterization]]
 * [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/noisebudgetlAnalysis|Noise Budget計算用ソフトウェアの開発]]
Line 24: Line 24:
[[attachment:LCGT/iLCGT/Subgroup/DetChar/em_monitor120224.pdf|センサー資料1(新谷)]] == Noise Investigation ==
 * [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/MagneticNoise|Globally correlated magnetic noise]]
 * [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/upconversion|Up-conversion Noise]]
Line 26: Line 28:
[[attachment:LCGT/iLCGT/Subgroup/DetChar/sensor120224_1.zip|センサー資料2(新谷)]] == CheckList ==
 * [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/checklist|チェックリスト]]
Line 28: Line 31:
[[attachment:LCGT/iLCGT/Subgroup/DetChar/sensor120224_2.zip|センサー資料3(新谷)]] == Discussion Item ==
 * 観測シフトプログラム(detector characterization)
 * Detector characterizationシステムの開発
  1. [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/HROOT_tool|HROOTを用いたplotツールの開発]]
Line 30: Line 36:
[[http://gwdoc.icrr.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/private/DocDB/ShowDocument?docid=875|LIGO detchar structure(苔山)]] == Action Item ==
 * [[http://gwwiki.icrr.u-tokyo.ac.jp/JGWwiki/KAGRA/Subgroups/DET/ActionItem|アクションアイテム]]
Line 32: Line 39:
[[attachment:LCGT/iLCGT/Subgroup/DetChar/Channel List_120509.pptx|資料(我妻)]]

[[attachment:LCGT/iLCGT/Subgroup/DetChar/detchar24022012-2.pdf|資料(端山)]]

[[attachment:LCGT/iLCGT/Subgroup/DetChar/ER1.txt|Engineering run1レポート]]

[[attachment:LCGT/iLCGT/Subgroup/DetChar/Monitor table.pdf|モニターソフト(端山)]]

----
== Document ==
 * [[http://gwdoc.icrr.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/DocDB/ShowDocument?docid=947|External review document]]
 * [[http://gwdoc.icrr.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/private/DocDB/ShowDocument?docid=807|Internal review document]]

Detector Characterization

このwikiはKAGRA detector characterizationのテレコンや会議、アジェンダ、議事録、スタディなどの情報を集めたポータルサイトです。

Meeting

開発ブログ

  • ブログ:ブログでは開発したdetchar/解析ツールのソースコードや使い方の説明が逐一投稿される。また、現在メンバーがつまづいている問題を共有し解決策を募る用途にも利用される。

KasKAL

  • KasKAL:Detector characterizationを行うために開発しているソフトウェアライブラリ。関数型言語HaskellとC言語を中心にして書かれている。

Topics

Noise Investigation

CheckList

Discussion Item

Action Item

Document

KAGRA/Subgroups/DET (last edited 2022-06-14 09:46:54 by shoichi.oshino)