Differences between revisions 6 and 7
Revision 6 as of 2018-08-21 13:42:47
Size: 1008
Comment:
Revision 7 as of 2018-08-21 14:02:32
Size: 1426
Comment:
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 27: Line 27:

 * 先ほどと同様の手順で、LVDT2EUL(対角化を1度したもの)に逆行列をかける。

 * こうしてできたmatrixをLVDT2EULに入れて、L,Tについてカップリング率を見てみた。LからYへのカップリング率は改善されなかったが、TからR,Pへのカップリング率は1%以下に改善した。

 * 次にアクチュエーターの対角化を行う。

2018/08/21 対角化

  • カップリング率が10%程度より小さくなるように対角化を行う。
  • coupling率から求めた行列の逆行列を求めた。

1

0

0.0144

0.0730

0.0328

0.0571

0

1

0

0

0.0519

0

-0.0128

0.0052

1

-0.0040

0

-0.0177

-0.5385

0.3893

0.0674

1

0

0.1259

-0.2440

-0.3001

-0.0357

0

1

0

0.3269

0.0327

0.2646

0.0581

0

1

  • 上の行列の逆行列をLVDT2EULに左からかけて対角化を行った。
  • 次にもう一度各自由度を励起させ、カップリング率を求めた。
    • L:Yに-0.1140
    • T:Rに-0.1421、Pに-0.1100
    • V:カップリング率は十分小さい
    • R:カップリング率は十分小さい
    • P:カップリング率は十分小さい
    • Y:カップリング率は十分小さい
  • 先ほどと同様の手順で、LVDT2EUL(対角化を1度したもの)に逆行列をかける。
  • こうしてできたmatrixをLVDT2EULに入れて、L,Tについてカップリング率を見てみた。LからYへのカップリング率は改善されなかったが、TからR,Pへのカップリング率は1%以下に改善した。
  • 次にアクチュエーターの対角化を行う。

KAGRA/subgroup/AOS/TMS-VIS0/2018-08-21 (last edited 2018-08-22 20:55:49 by SatoshiTanioka)